ネット社会を生き抜く方法

最近では、実社会の他にネットでも独自の社会が築かれています。

 

一昔前までは、主にネットというとパソコンに詳しい特定の方しか詳しく知らなかった部分があるのですが、今では一般の方でも気軽にネットにアクセスし、ネットの住人として意見を書き込んだり様々なコンテンツを利用しています。

 

ネットは、一見すると非常に便利に利用できるのですが、注意しなければいけない点も存在しています。まずネット社会は、一般の方の意見を聞くことができる一方で容赦のない罵詈雑言、信ぴょう性のない噂話が1人歩きしやすい傾向にあります。

 

ネットでは誰もが匿名で意見を行うことができますので、自分の発言に責任を持つ必要もありません。
そのため愉快犯や日頃のストレス発散などで、他者を意図的にだましたり傷つける人間も存在しているのです。

 

まずネット社会を渡っていくためには、信ぴょう性の確かでない情報に耳を傾けないことと、罵詈雑言に左右されないことも重要です。

 

特にネットには誹謗中傷などが多く集まっている掲示板などもありますが、そのような掲示板を見ても身になることはあまりありませんので、できるだけ観覧を控えたほうが賢明です。

 

また、どこでどのような人物が見ているのかわからないため、自分の個人情報は出さないことも重要になります。

▲ページトップに戻る